Amazon

  • 吉村塾長もここで本を買ってます♪
無料ブログはココログ

塾長のひとりごと

吉村塾長のコラムです。

勉強のモチベーション

生徒の皆さんは何のために勉強をしているのでしょうか。

なんとなく「流れ」で勉強している生徒もいれば、

確固たる「目標」に向かって勉強している生徒もいるのではないでしょうか。

昔、勉強のモチベ―ションと言えば、

「いい学校に入るため」

「いい会社に就職するため」

でした。

ひいては、

「豊かな生活をするため」

でした。

しかし、既に豊かな生活をしている生徒にとっては、それはモチベーションにはなりません。

また、「いい学校」とはどんな学校をさすのか、「いい会社」とはどんな会社をさすのか。

上場企業に勤めれば幸せな毎日を送ることができるのか。

なかなか難しい世の中です。

大人は「夢」や「目標」を持たせがります。

例えば、

「僕の夢は、将来、医者になることです。」

「私の夢は、将来、歌手になることです。」

などと。

もっとも、後者のように現実離れしていると、大人は「夢」から目を覚まさせようとするものです。

さて、「夢」というのは上記のように自分ベクトルです。

あくまでも個人レベルの話。

もっといったら、「○○になれたらいいなぁ。」のレベルです。

では、他者ベクトルで考えてみましょう。

医者になって、何をしたいのですか?

「病気の人を治して幸せにしてあげたい。」

「みんなが笑って過ごせるようにしたい。」

これら他者ベクトルのことを「志(こころざし)」といいます。

自分のためだったら、「辛いからやめよう。」で終わってしまうかもしれません。

しかし、他者のためだったら、「他の人のために自分が諦めるわけにはいかない。」という思いもわいてくるのはないでしょうか。

いい車に乗りたい、ブランド品を身につけたい、、、そのような時代は終わりました。

少なくとも20代の若者は低燃費車の方に関心があるかもしれません。

また、若者たちは自動車の運転免許を持っていない、または免許を持っていても自分の自動車を保有していないという人も多いそうです。

これからは他者のために、如何に自己が努力するか、をモチベーションにする時代。

つまり、夢の向こうにある志をモチベーションにするのが今の時代と言えるでしょう。

さて、皆さんは将来、どんな仕事に就きたいですか?

そして、その仕事に就いたら周りの人達に対して、どのようなことをしてあげたいですか?

「目標は現状維持!」なんて言わないでくださいね。

現状維持とは、良くて今の状態、変動するとしたら悪い方へ、という意味です。

そして、何もしなければ、良い方向へ向かうことなどないのですから。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3






吉村マンツーマン個別は体一つのため意欲ある生徒さんを優先させていただいております!

おかげさまで、吉村個別の申込がちょくちょくあるのですが、

中には私がスケジュールを調整した挙句にキャンセルされる方も…。

こちらの都合に過ぎないと言えばそれまでなのですが、

個別受講希望生を優先させ、他の方のスケジュールを移動してもらったのにキャンセルが続くと、こちらも指導意欲が低下してしまいます。

冬期講習期間も吉村マンツーマンの個別指導を希望されている小学生がいらっしゃって、

国語の読解力を鍛えたいとのこと。

集団指導は集団指導の良さがあって、皆で切磋琢磨しながら講義、演習に取り組めます。

個別指導はその生徒さんのクセを補正しつつ、正しい解きかたを身につけさせます。

一朝一夕に完成するものではないのですが、モチベーションも高まるのか、

先日、スポットで受講してくれた小4生は今週のテストでも90点近くとっていました。

以前はその半分程度の点数だったので、かなりの飛躍ですね。

中学生の個別指導が一番難しく、妙な「クセ」がついているので、それを壊すのに時間がかかります。

冬期講習期間で指導できる生徒さんは、あと1~2名程度だと思いますが、関心ある方はお問い合わせください。

なお、私のマンツーマン個別指導に無料体験はございません。

まずは1回、という方も通常通り5,400円/60分をいただいておりますのでご了承ください。

対象は年長さん~中3生の全教科とさせていただいております。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




【勉強のやり方】 「まとめノート」活用法

中学受験部では、毎時間、ノート提出をしてもらっています。

きちんと毎回出す生徒から全く出さない生徒、漢字練習帳程度しか出さない生徒、

いろいろな生徒がいます。

正直、漢字練習程度で「勉強したー!」などと満足感を得ている生徒はおめでたい生徒と言えるかもしれません。

知識の整理として、「まとめノート」をつくるように伝えてあります。

まとめ方を指導したいので、その提出を求めているのです。

そこで、いくつかアドバイスをさせていただきますね。

大前提として、「まとめ方がわからないからできない。」という生徒は論外。

まずは書くところからスタートです。

大人の世界も同じではないですか。

「やり方がわからないから仕事をしない。」

という社員がいたら、保護者の皆さんはどう思われますか?

御立腹される保護者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

まったく同じ感覚です。


私は日頃から、大切な語句、覚えるべき用語を書き、その内容、意味を短く横に書き、線を引いて関連付ける程度でいい、と伝えています。

だらだらと長文で書いても、教科書、テキストを写しているだけで、頭に入っていないはずです。

これは中学生、高校生にも同じことが言えます。

用語や意味などがわかっていれば、それをつなぐ助詞など容易に出てくるはずです。

大切なことだけ簡潔に書けばいいです。

それも大きめの文字の方が頭に入りやすいでしょう。

小さい字を書いたり、長文を書いたりして、賢い生徒を演出するよりも、

覚えるべき用語を覚えればそれでOKです。

さて、第2段階としてそれを覚えたかどうかの演習を行います。

中には、たいして覚えてもないのに、いきなり演習に取り組んで、赤で正解を書きこむことが勉強だと勘違いしている生徒もいます。

そして、だいたい保護者様が、

「うちの子は勉強の時間は使っているのに点数に結び付かない。」

というのがパターンです。

私に言わせれば、それは「勉強の時間」ではないのです。

ちなみに、まとめた直後に確認するのもよいのですが、1日空けてから確認して覚えられていたら完璧でしょうね。

直後は誰でも答えられます。

所謂、短期記憶というものです。

長期記憶を鍛えようとするならば、ちょっと間隔を空けてから演習を行うのがよいでしょう。

間違っても、「まとめノート」をつくって、安心してはいけません。

おそらく、そのノートの内容は全てが頭に入っていないと思います。

知識の整理(まとめ)⇒覚えたか確認(演習)⇒弱点補強(間違えた問題のまとめ直し、再演習)

これを繰り返すことで覚えられます。

ただし、国語の読解問題などの思考系問題は別ですが。









このような市販のまとめ問題集を活用するのもよいかと思います。

覚える際は、ただ用語を覚えるのではなく、その内容、意味を他者に説明できるレベルまで覚えて、初めて「知っている」という状態です。

「聞いたことはある。」

「言葉は知っている。」

では、もちろん得点には結びつきません。

いつ、どこで使ったらよいかわからないはずですから。

楽して近道をしようとせず、時間をかけて骨太の学力を鍛えましょう。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【吉村式家庭学習指導】 その2 時間管理 

子どもはなかなか自分で時間管理できないものです。

「自主性」とやらに任せていたら、いつまで経っても遊び続けるかもしれません。

その日をいかに楽しく過ごすかしか見えていないかもしれませんね。

一方、保護者様は自身の過去を振り返りながら、わが子の先を見据えていろいろとしてあげてくなるものです。

それなら、学校の宿題程度で満足せずに、先を見据えた学習に取り組ませたいものです。

毎日、決まった時間に日課として学習するようにできたらいいですね。

そして、高学年ともなったら、その日の学習予定内容を紙や小さなホワイトボードに書かせて、

終わったら、横線で消させる。

完全に消すより、この方が達成感が出ます。

宿題が終わろうが、この時間帯は勉強時間、という時間帯を毎日作りたいものですね。

「宿題やったの?」

はNGワード。

宿題を終わらせれば遊べる、となると、質が伴わなくなります。

合わせて読書タイムもつくってあげるといいですね。

低学年のうちは読み聞かせでも結構です。

子どもの時間をコントロールするのは保護者の役割。

怒らず、叱らず、楽しく取り組めるといいですね。



当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




【吉村式家庭学習指導】 その1 テストが返却された時のわが子への声がけ

塾でテストを返却する際にこんな声をよく耳にします。

「こんな点数だと、お母さんに怒られる!」

「怒られるから見せられない!」

相当信頼関係の薄い親子関係なのかな、と思って見ています。

むしろ、結果についてアレコレ言う親の方が怒られるべきだと思います。

叱るなら「過程」を叱らないと、結果が出てから、ああだこうだ言ったところで結果は変わらず、

ただ単に苛立ちをわが子にぶつけているだけにしか思えません。

ちなみに、最近、我が家でもこんなことがありました。

息子「今日、テストを返されたよ。」

私「そうなの?見せてよ。」

息子「見せたら怒られるから見せない。」

私「そう?今までにテストの結果で怒ったことなんてある?」

息子「ないけど。」

きっと、学校で返却された時、誰かがそう言っていたのでしょう。

私の息子も、それを聞いて、点数が悪いと叱られる、という概念が湧いたのかもしれません。

そんなんで怒ったところで全く意味がないどころか、逆効果。

怒られている間も、反省するどころか、相手の怒りを増長させないような選択肢、言葉を探したり、とりあえず、「はい。」と返事を続け、時間が過ぎるのを待つだけの子どもになるでしょう。

怒りを鎮めてもらうために、泣き出す子どももいるかもしれませんね。

自己防衛の1つです。

かわいそうに。

よって、私は息子に対しては、テストが返却されたら、以下のことを行うように約束しています。

① 点数を報告する。

② どういうところで間違えたのかを報告する。

③ 本来はどうすればよかったのか、を合わせて言う。

④ 次から同じ間違いをしないようにするにはどうしたらよいか言う。

⑤ 行動に移す。


まず、「わかる」ということは、他人に説明できるようになって初めて「わかった」ということです。

それができなければ、わかった「つもり」でしかありません。

習慣付けされてしまえば、間違えた瞬間に、それを説明するために理解しようとします。

他にも、いろいろと良い方策はあると思うのですが、我が家では、まずこれらを土台としています。

学習時間の確保も最大の課題ですが、幸か不幸か我が家が学習塾ですので、

毎日決まった時間に学習に取り組んでいます。

説明の相手は友達がベストなのでしょうが、今は対象となるべき友達がいないので、

私がその役目を務めています。

まだまだわが息子の学力も大したものではありませんが、

頑張っている姿を見ると、微笑ましく思うのが親心というものです。

皆さんのご家庭でも試してみたらいかがでしょうか。

ポイントは、

☑ 結果が出たら、よかったら褒める。悪くても叱らない。

☑ 100点だったら、このテストに対する取り組みをこれからも継続させる。

☑ 1点でもマイナスだったら、その間違いを具体的に説明させる。

  次からどうしたらよいか、につなげたいので、「ケアレスミスを無くす」などの抽象的な言葉でなく、具体的な行動指針を言わせる。

☑ 叱りたいなら、結果でなく、過程を叱る。


次につながる、親のフォローが効果的だと思います。

そうしないと、叱られないように行動するつまらない人間に育っていきますよ。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【塾長のひとりごと】 セミナー「教育をリードする先見力と決断力」in 大阪

おはようございます。

昨日は雨の中、中3生たちは愛知全県模試の公開受験、お疲れ様でした。

私はと言いますと、、、大阪にてセミナーに参加しておりました。

Srj1

主催はSRJ(日本速脳速読協会)さんです。

Srj2

朝日学生新聞社の脇阪社長もいらっしゃって、

学ぶ力について講演くださいました。

今後の子どもたちに求められるのは、基礎知識の詰め込みのみならず、

そこから仮説を立て、様々な方面から検証し、課題を解決する力だということを力強く訴えていました。

そのためには、新聞やニュースの情報が大切であり、

子どもたちも新聞やニュースの情報から自らの考えを持てるようにならねばなりません。

当塾では朝日小学生新聞を使った講座もございます。

特に中学受験部では週末課題として天声こども語を書き写させ、

そこから関連する語句の意味調べ、要約、意見文、タイトル付けなどをさせ、

私が無料で添削しています。

生徒の皆さんの語彙力が増えるのはもちろん、正しい文章の書き方を体得するには、

まずは「真似る」ということが大切なのです。

そこまでは、他の塾でも多くやっていますが、

当塾では、さらに1ランク上のことにも取り組ませています。

これは朝日学生新聞社の人たちにも、他の塾の人たちにも教えていません。

先述したとおり、自ら課題を発見し解決する力が必要なのです。

それが何か。

ここで書くと、他の塾の人がマネして、それを自分の手柄にしてしまうんですよね(笑)。

だから、当塾生だけのヒミツ♪ ということでご容赦。

ただ、できる生徒とできない生徒がいるので、できそうな生徒だけに取り組ませています。

今回の教育改革で、学校も塾も今までとは大きく変わります。

当塾でも着々と準備を進めています。

保護者様も新しい情報にアンテナを張っておいてください。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3







【塾長のひとりごと】 大学入試改革

☑ 大学入試改革とは?

☑ 大学入試改革の影響(小・中・高)

こんにちは。

昨日、津田学園小学校で開催された大学入試改革セミナーに参加してきました。

要は、センター試験を廃止し、それに代わる試験に変えようという流れのことです。

それにともない、英語は現在の2技能から4技能重視となります。

4技能とは、読む、聞く、書く、話すの4技能。

さすがに入試で、それを確認できないので、外部の検定試験を導入することとなりました。

多くの学校さんに聞いてみると、ベネッセの関係か、GTECを勧める学校が多いようです。

もちろん、それ以外にも英検やTOEIC、TEAPもあるのですが、

如何せん、TOEICは難しすぎる、というのが大半の意見ですね。

CFER(セファール)という、各検定の統一基準で見た時、

同じランクでもTOEICで取得しようとすると、かなり難易度が高いものとなります。

英語以外にも、主体的に考える力をみるために、記述式の問題が入ります。

高校でも続々とアクティブラーニングが導入されています。

つまり、従来型の知識詰め込み重視では通用しなくなるということです。

ただし、自分の意見を持つためには知識が必要です。

知識の面からしても、以前より内容が増えていきます。

小学校でも、英語が教科化されます。

来年度から2年間は移行措置ということで、テキストに関しても、全国各地で差が出そうです。

こっそりといろいろな学校に聞いてみると、やはり現在のテキストで押し通す学校が多そうです。

しかしながら、それでは次の中学の教科書改訂の際に間に合わないことが判明。

いわゆる「英語難民」となるのが、新小5生と新小6生です。

単語の数が従来のテキストでは間に合わないのです。

さらに文部科学省のカリキュラムによると、小6時で現在の中1で学習する一般動詞の過去形まで指導するということですから、大変ですね。。。

それも文法などは指導せず、シチュエーションに応じた英語のイディオムを覚えていくということですから、理屈などは中学校へ入ってから、ということでしょうか。

果たして、それで身につくのか。

学習塾に通う生徒と通わない生徒で、さらなる学力格差が出そうです。

この件に関しては、後日、続きを書きます。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3


【塾長のひとりごと】 勉強のやり方 ~ノート編~ 

授業中に生徒たちのノートを見ていると、

気になることがいくつかあります。

あくまでも私見として書きますね。

☑ 細かい字がビッシリ書いてある

 見にくい上にポイントがわかりにくいことが多いです。

 もしかして、小さい字を書くことで、「キレイな字」と勘違いしているのでは?

 と思ってしまいます。

 本人が、それが一番、覚えやすい大きさ、というのならばアリでしょうが。

☑ 上から下に書いてない。

 目で追う時、通常、「導線」として、横書きならば上から下、縦書きならば右から左、となるのですが、とにかく、スキマに書こうとする生徒たちのノートを読もうとすると、あっち行ったり、こっち行ったりで、あとから見づらくなっている場合があります。

☑ メモにしかなってない。

☑ ホワイトボード、黒板の字を写してあるだけ。

 そもそもノートをとるとはどういうことかがわかっていない生徒もいます。

 ホワイトボード、黒板の字を「スケッチ」して終わり、のような…。

 だったら、最初から、そのコピーで十分ということになりますよね。

 後で清書(まとめ)するときに、頭の中で授業がイメージできるくらいの情報量をノートに書いておかねばなりません。

 授業中に「キレイなノート」を作ろうとしている生徒は、逆に情報がスカスカ、ということも。

 余談ですが、ペンの色が多すぎたり、修正液・修正テープを使っている人で賢い人をあまり見たことがありません。

 そもそも、何のためにそれらを使っているのか、理解に苦しみます。

 「キレイなノート」が目的なのか、「成績を上げるノート」が目的なのか。

 目的意識がブレていると、ノートも意味のないものとなり、ノートを写すのが言わば授業の儀式になりかねません。

 授業ノートとまとめノートは分けた方が良いでしょうね。

 1冊のノートに複数教科の事が書いてある生徒たちは、もう完全にメモの世界です。

 ただ、与えられた問題を解く、儀式的に板書を写すためのノートと化しています。

 そのノートで成績が上がるとは思えないのですが、伝えても改善されないことが多いです。

 それで成績が上がらないと、ほらね、と心の中で思ってしまいます。


 「やり方がわからないからやらない」という人も論外。

 将来、「仕事のやり方がわからないから働かない。」と言いだしかねません。

 まずはやってみる。そこからアドバイスをもらったり、自分で工夫してみる。

 何事も目的意識と、努力の継続が大切なのです。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

 

【塾長のひとりごと】 今さら神戸の話・・・(笑)

こんにちは。

なんだか小寒くなってきましたね。

皆さん、体調管理には気をつけましょう。

当塾の中学受験部の生徒さんたちは、全体的に家庭学習量を増やしましょうネ♪

高校部のWさん、日に日に体調悪くなってるみたいですが、大丈夫!?

そこまでして来てくれてありがとう♪

でも、無理しないでね!

中学部のKさん、Hさん!BIGBANGのナゴヤドーム、もうすぐですねー!

一緒に盛り上がりましょう!!

さてさて、小6のIさんがわりとみてくれてるみたいなので、合間を縫って更新します。

生徒の皆さんには、スキマ時間を上手に使え、と言っている立場ですからね。

書くことがない、なんて言い訳はしません(笑)。

今さらですが、10月1日の神戸!

講演してきました。

大きな会場で北海道から沖縄まで多くの方が集まっていらっしゃいましたねー。

Kobe1

これは塾向けセミナーで、私は組織論についての講演。

持ち時間の半分ほどを毎回、自己紹介に使うという荒業(笑)。

毎回、主催者はヒヤヒヤしているそうです(笑)。

この日は、ややウケでしたね。

スベってはいませんよ!きっと!!

組織論を語った以上、これからもしっかりとEDIXを盛り上げていきます!






<<おまけコーナー>>

小6のIさんには、ああいうのいらない、という顔で見られましたが、

めげずに書きます!

前日は、私が尊敬してやまないスペルシーサー選手ことサイトーさんのお店へ。

サイトーさんは、DRAGON GATE(ドラゴンゲート)などのリングにあがるプロレス選手です。

っていうか、普段はマスクをつけているのですが、顔出しちゃってよかったのかな?

ま、いいや(笑)。

Kobe2

翌日もサイトーさんと語っていると、そこにひょこひょこと高嶋選手が登場!

期待の若手選手です。

そりゃ、いじりますよね(笑)。

Takasima

さぁ、どちらが強いでしょうか(笑)。

もちろん、右の高嶋選手ですよね!

では、いったい、吉村は何者なんだ!?という話になりますが、

Jijutu

こんなこと(柔術)やったり、殴ったり、蹴ったり、関節極めたり、首締めたり、、、

塾にいない時は、いわゆる総合格闘家ですネ♪

総合格闘技(MMA)って、あまり知られていませんが、

Kume

金網の中で、相手を殴ったり関節極めたり、ってやつです。

左の選手は、現パンクラス王者の久米鷹介選手。

すごい人です!! 私にとっては神です!!




が、
Kume3

普段はこんな感じでオチャメなんです♪

現チャンピオンの背中を追いかけていますよ、必死で!

二人でご飯を食べていたら、周りの人達がサインや写真を求めるので、

どさくさに紛れて、私も色紙を一枚もらって、書いてもらいました(笑)。

今更感もあって、お互い恥ずかしさに包まれながら(笑)。

Kume2

「毎回の練習はハードでしょ?」

と久米さんに言われても、

「全然そんなことないです。自分もプロ意識持ってますから!最強目指してますよ!」

と言うと、

「ほー(笑)。わかりました!」

と言うことで、翌日の練習の時、笑顔の久米さんにボコボコにされました・・・。

帰宅すると、すぐに倒れるように深い眠りにつきました・・・。



しょうもない話でしたが、勉強に通じることもたくさんあるのです。

久米さんのサインにあるように、

継続は力なり!

また、強くなりたいなら、強い人のマネをしないといけません

弱いくせに我流でやろうとしたり、何かをサボったりすると練習になりません。

また、練習中もただマネをするのではなく、なぜその動きをするのか、意味を考えながらでないと、きちんと効果が出ません。

頭で考え、筋肉に染み込ませていくために反復練習

勉強も一緒ですよね。

また、私のトレーナーの久米さんも言います。

「日頃、道場にいないときにさぼってばかりいる人には教えたくもないんですが、

 吉村さんのようにストイックに努力し続けている人はとことん応援したくなりますよね。」


これもまた、塾の先生と同じ言葉です。

さて、明日は一般の練習生たちも一緒に練習の日なので、今度はボコボコにする番です。

八つ当たりではありません。念のため(笑)。

【学校紹介】 清林館高校(津島市)へ行ってきました 

今日は、お昼に打ち合わせがあって、清林館高校を訪問。

清林館高校と言えば、

2018年4月に新校舎完成!

です。

現在、ブルーシートがかけられている中、順調に工事が進んでいます。

入試担当の野田先生は、

「本当は進捗状況をお知らせしていきたいのですが、シートをかけたまま完成するまで工事するということで…。」

と仰っていました。

来年度より、コースが少々変わります。

文理特進コース

文理選抜コース

国際コース

進学総合コース

この4コースの中から希望のコースを受験することになります。

国公立大学へ進学希望の方は文理特進へ。

名古屋大学などの国公立大学へ進学しています。

ハイレベルな英語教育を目指すなら国際コースへ。

平成28年度は英検2級合格者が238名、準1級が73名、1級が4名、

TOEICでは、700点以上が42名、800点以上が24名、900点以上が6名。

毎年、素晴らしい実績を出しています。

体験入学会が10月1日、入試説明会は11月3日(祝)と12月3日(ん地位)

個別相談会が11月19日(日)と11月25日(土)、12月9日(土)。

ぜひ、一度お話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

特待生制度もありますので、ぜひご活用ください。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

より以前の記事一覧