Amazon

  • 吉村塾長もここで本を買ってます♪
無料ブログはココログ

中学受験部

【中学受験】 7月9日(日) 中学情報フェア開催!

今朝の朝日小学生新聞で、私が専務理事を務める愛知県私塾協同組合主催の

中学情報フェアについての記事が掲載されています。(4面)

ただ、谷口先生(愛知県私学協会 中学部会会長/愛知淑徳中学 校長)の

読み仮名が間違っております。

修正依頼をかけてあったのですが、修正されていませんでした。

私からも深くお詫び申し上げます。

正しくは、

谷口宜邦(たにぐち よしくに)先生

です。

当日は、『わが子にあった教育の選択』というテーマで、

私立中学のメリットについてお話いただきます。

私立中学進学の目的は、各ご家庭で様々で、

① 保護者様の出身校で学ばせたい。

② 国公立大学へ進学するには公立中・高より有利。

③ 学力が低く、公立中へ進学しても高校受験が不安なので中高一貫校へ進学。

④ 最新の設備での情操教育。

⑤ 本格的な部活指導。

など他にも多くの理由があると思います。

公立中学へ進学させるより費用はかかりますが、

公立中学+学習塾 となれば、実際、さほど費用は変わらなくなります。

それならば先行投資として中学受験を考えられるご家庭も増えています。

今では、「目指せ!最難関校!」というよりは、お子様の個性に合った中学へ進学させ、

充実した6年間を過ごしてほしいと考える保護者様も増えてきました。

私立中学は、各学校により方針やカリキュラムも様々。

単に入学時のレベルで選択するのは危険です。

例えば、言われたことはきちんとできるが自分で課題を探すことはできない、という生徒が

自由な校風の学校へ行ったら、まさに糸の切れた凧の状態になります。

逆に、きめ細かなカリキュラムが用意されている学校へ進学すると、ぐんと伸びます。

わが子に1ランク上の教育環境を整えてあげるのもよいのではないでしょうか。

その情報収集として、7月9日(日)中学情報フェア@名鉄ニューグランドホテルへお越しください。※予約不要

Skm_c284e17061009190_0001




当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験】 南山中学 男子部の新校舎を見学してきました。

6月14日(水)に南山中学校男子部を訪問してきました。

いつも岡野先生には大変お世話になっております。

今回は新校舎の見学ということでうかがってまいりました。

そのレポートをさせていただきますね。

Nanzan1

青空と新校舎。美しい!

Nanzan2    

愛知県私塾協同組合の専務理事として訪問してきました。

こういうお気遣いは大変ありがたいとともに恐縮してしまいます・・・。

Nanzan3

ちょっと覗かせていただければよかったのに、なんだか立派な会が用意されていました!

Nanzan4

校長先生から直々に様々なご説明をいただきました。

南山中学ができた頃は第二次世界大戦中で、ドイツ、イタリアなど独裁国家もあった頃、

キリスト教精神に則って、日本で個性を伸ばす教育を目指して設立されたのが南山中学校でした。

続いて、岡野先生のご説明が行われているさなか、

他の先生が入室。

「連れてきました!!」

なんだろうと思っていると、、、






当塾から南山中学校男子部に進学した2人の生徒が!!(現中2)

「お久しぶりです!」

「おお!久しぶり!!」

他の理事の先生がたにも挨拶をして、各教室へ戻っていきました。

私は生徒達の中学進学後もこうして授業の様子を見に行くことがあります。

なんだかんだいって、心配ですものね。

私の指導の結果、生徒たちは今、幸せになっているのかどうか。

確認するためでもあります。

続いて教室へも見学へ。

Nanzan5

授業参観みたいなものです。

最初は(授業中であるにもかかわらず)私の姿を見ると手を大きく振っていましたが、

カメラを向けると、途端にこの表情(笑)。

1クラス40名です。

Nanzan6

さっきまで喜んでいたのに、やはりカメラを向けるとこの顔(笑)。

ちなみに、これは音楽の時間です。

PCを使って作曲を行っている様子です。

Nanzan10

白いシャツを着たこの生徒(中1)は私には目もくれず授業に集中していました。

寂しいような、嬉しいような・・・。

Nanzan8

こちらは英語のクラスの様子です。

ネイティブの先生が発音指導を行っていました。

Nanzan11

チャペルですね。

とても綺麗で荘厳な空間でした。

Nanzan12
音楽室です。

横を覗くと・・・

Nanzan13    
ギターが!

弾きたい!

こう見えて20年ほど前は私、バンドマンでした。(←どうでもいい)

Nanzan15

歩いていると、「卓球場」の文字が・・・。

中を見ると、

Nanzan16

あまりにも和気あいあいとしているので、思わず、

「娯楽の時間ですか?」

と聞いてしまいました。

「体育の時間です!」

と岡野先生。

失礼しました。

Nanzan17

アパートみたいでしょう?

これ、部室だそうです。

素晴らしい!

住めそう(笑)。

Nanzan19

トレーニングルームです。

う!!

やりたい!!!

プロの目(?)から見ても、充実した器材でした。

Nanzan20

柔道場ですね。

Nanzan21

こちらは技術室です。

Nanzan23

家庭科室。

この日はイワシの煮つけをつくったそうです。

Nanzan24

体育館。

バスケの国際試合ができる仕様になっているそうです。

Nanzan31

今回の新校舎建設に関して、生徒たちにアンケートをとってデザインしたそうです。

一番多かった意見がトイレの改装(笑)。

図書館も今回は1Fに設置して、多くの人が利用しやすいようにしたそうです。

Nanzan32

このようなものも掲示されていました。

私が見ても、さっぱり理解できませんでしたが・・・。

とにかく、最新の設備で最高の環境が整った南山男子。

今後も人気は高まっていくことでしょう。

Nanzan22

ちなみに、この日は午前にキャッスルプラザ、午後は南山中学。

私は全て自転車で回りました。

ある保護者様からは、

「先生って、ほんっと変わってますよね(笑)。」

と呆れられてしまいました(笑)。

岡野先生も、

「えーー!?春田から自転車ですか!?」

と驚いていました。

この日の走行距離は、、、

Nanzan30

32.55kmでした。

ちなみに南山男子からEDIX春田校までは自転車で約45分でした。

生徒の皆さんも自転車通学してみますか?(笑)

今回はきれいな新校舎のご案内ということで写真中心にお送りいたしました。

当塾からは毎年、数名の生徒さんたちが南山中学男子部に進学しています。

南山中学男子部に興味がある方は、ぜひ当塾にお問い合わせください。

岡野先生、校長先生、ありがとうございました。

当塾卒業生たち!

しっかり頑張れよ!!!

また、そのうち現れる!!(笑)

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




























【中学受験】 【女子】聖霊中学校(瀬戸市)の説明会に参加してきました。VAP入試がすごいことに・・・。

こんにちは。

今日は瀬戸市にある聖霊中学校(瀬戸市)の学校説明会に参加してきました。

車で出かけると、高速(名二環・東名など)を使って片道1時間。

電車の方が早かったかな。

さらに車だと学校の入り口がわかりにくく、ナビに頼ると裏口に案内されるという罠が(笑)。

とにもかくにも参加してきました。

Photo

当塾からも聖霊中学は受験・進学者がいます。

十分、通学圏内と言えるでしょう。

学校見学に行った生徒さんたちのアンケートによると、音楽や英語教育に興味をもって入学したり、

中には「心がきれいな人になって人の役に立ちたい。」という方もいました。

保護者様の意見としても、

「学校の雰囲気がわが子に合っていると思いました。」

と志願した方も多いそうです。


授業カリキュラムも、徹底した少人数授業で、

高校1年生になると、クラスを2分割した英会話授業であったり、

高校3年生ではC群は6クラス13展開を行い、各クラスの平均は19名。

中には4~5名のクラスもあるそうです。

平日の授業後、土曜日は補習やサテライン授業、全国模試を行っているそうです。

聖霊中学・高校は南山学園ですので、

高校卒業後は南山大学への志願者が多いそうです。

2017年 南山大学 国際教養学部が新設

       全学部 名古屋キャンパスへ移動


ということもあり、希望者は多いのですが、

内部推薦枠61名のうち、実際は42名が希望を出し、3分の1は空席状態だそうです。

南山大学へ進学希望の方へはオトク感がありますね。

南山大学以外では、国公立大学や関関同立・MARCHといった難関校、愛知淑徳大学、金城学院大学、椙山女学園大学への進学希望が多いそうです。

2012年度、529名の志願者のうち、434名が合格したのですが、

当時、400位以下で合格した生徒達が上智大学や同志社大、立命館大、南山大へ進学していることに聖霊中学校・高等学校の指導力の高さを感じました。

最近では、理工系や薬学部・歯学部などの看護系、教育学部など、必ずしも文系大学のみならず、志望学部も多岐にわたっているようです。

部活動では、ソフトボールやテニスをはじめ、多くの運動系でも活躍しているようですね。



2年前に始まった VAP入試 について

「大手進学塾の模試などでは、底辺の偏差値が打たれていますが、実際には優秀な結果を出す学校です。」

と、竹内先生。

Photo_2

聖霊中・高の8割がAO入試や各種推薦で大学進学をしていくそうです。

「指導のゴールは合格ではなく、その先にあるものだ。」

なるほどですね。

そのために、寸暇を惜しんで面接練習や小論文の添削、推薦文の作成や自己PR文の指導に力を入れていらっしゃる竹内先生。

そんな竹内メソッドの本が7月に出版されるそうです。

興味ありますね。

「本校は『進学校』ではなく、人としての生き方を追求する学校です。」

そんな言葉に表されるように、学校で重視しているのは、

人を大切にし、人とともに生きていく。

人とともに幸せを感じられる人になってほしい。

そんな教育方針です。

「体験に基づく抽象思考ができる人になってほしい。」

と竹内先生。

他者との体験から学び、課題発見脳力、他との協働、問題解決能力、リーダーシップ力の育成に努め、

それらこそが、新しい中高接続試験で求められている力であるはずだ、と仰っていました。

VAP入試とは、学力以外の個性を磨いてきた人たちのための入試。

下衆な言い方をすれば、私立中学受験の学習をしてこなかった生徒の皆さんへも十分にチャンスがある、ということでしょう。

ただし、専願なので他の中学を受験することはできませんのでご注意を。

また、VAP選考入試希望者7月8日(土)、9月2日(土)、11月19日(日)に聖霊中学校高等学校マリアホールにて開催されるエントリーシート・願書の頒布説明会に参加する必要があり、エントリーシートの最終提出期限は11月30日(木)となっていますのでご注意ください。

聖霊中学校に興味ある方はぜひ当塾にお問い合わせください。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




【中学受験情報】 四日市メリノール学院中学校よりお知らせ

Skm_c284e17061016420_0001

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験】 6・7月度 体験入学・入試説明会日程一覧

6月12日(月)以降

お申込み、詳細などは各中学校のHPをご確認ください。

各中学校の名前をクリックすればジャンプするように設定してあります。

6月17日(土) 【入試説明】 金城学院中学校 9:30~13:00

6月18日(日) 【体験入学】 聖霊中学校 10:00~15:00

6月24日(土) 【体験入学】 星城中学校  9:00~11:00

7月 8日(土) 【体験入学】 名古屋経済大学市邨中学校 9:30~

          【入試説明】 滝中学校 9:30~11:30

7月30日(日) 【オープンスクール】 四日市メリノール学院中学校 9:00~11:30


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験】 メリノール学院中(三重県四日市市)の説明会へ行ってきました。

昨日、8日(木)は三重県の四日市メリノール学院中で説明会が行われました。

今年度より共学化したこともあり、

中学校の外部志願者は43名⇒80名と約2倍、

高校の外部志願者は280名⇒488名と約1.6倍となりました。

入学者も昨年度比で約2倍となり、男子生徒も

中学校で5名、高校で15名が入学しました。

だいたい共学化すると3年ほどで半々になるところが多いので初年度としてはこんな感じになるのでしょう。

昨年度、当塾からも1名進学しましたので今回、初の塾向け説明会に参加しましたが、参加者が多く、注目度の高さを感じました。

Photo

グランドも新しくなり、新体育館も7月着工、来年の2月か3月には完成するとのことでハード面でも大きく生まれ変わりそうですね。

学習面においても、自主学習は19:30まで可能であったり、

土曜講座も行われて、基礎力からしっかりたたき上げている感ががあります。

高木校長先生の言葉で印象的だったことがあります。

Photo_2  
「生徒達の自主性を重んじていきたい。

 そのためには何事にも挑戦してほしいという願いを持っています。

 学校はその環境を提供する場であり、

 生徒達には自分たちで『学校』をつくっていってほしいと願っています。

 この学校に来てよかったと思われる学校づくりに尽力しています。」


大学の進学実績においては、

なんといってもミッション系の学校ですので、キリスト教の推薦枠があります。

上智大学、南山大学への推薦枠がありますので進学にも強いといえるでしょう。

ほとんどの生徒さん方が何等かの推薦で大学へ進学しているようです。

Photo_3

新テストの対策についても、教科学力はもちろん、

PROG-HやLEADSを導入して学習生活パターンやキャリア意識を指導しています。

また、双方向のICT機器としてScritivo(スクリティーボ)を開発し、

タブレットや電子黒板を使用した教科指導を行っています。

会場では、参加者よりイジメ対策についての質問がありました。

メリノール学院中・高では担任、校長をはじめとして、外部のスクールソーシャルワーカーと協力して早期解決に努めているそうです。

入学試験自体は基礎問題が多く、塾での指導で十分対応できるでしょう。

それでキリスト教の推薦枠で上智、南山大などへ進学できるのですからオトク感がありますね。

当塾はなんと!

塾長推薦枠(専願)が認定されていますので、私の推薦があればかなり有利となります。

また、併願の一般入試においても事前にこれだけやっておけば大丈夫、という学校オリジナルの対策問題集をいただけるので万全の対策が可能です。

奨学生制度もありますので、成績優秀者、塾長推薦者には入学金免除など多くの特典があります。

現小6からでも合格に導くことができます!!

地元の公立中学へ進学したくない、私立で1ランク上の教育を受けたいという方はぜひ、当塾にご相談ください。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3






【中学受験部】 愛知県の私立中学受験者数の推移

今年の入試は波乱含みでしたが、

振り返ると大いに「盛り上がった」中学受験でした。

◆ 愛知県ののべ受験者数

2013年 11,266名

2014年 10,602名

2015年 10,887名

2016年 10,571名

2017年 11,109名 (前年比538名増)

前年比105.1%となりました。

◆ 岐阜・三重ののべ受験者数

岐阜 1,081名 (前年比9名増)

三重 1,760名 (前年比121名増)

岐阜、三重に関しては愛知県の生徒たちが多く受験したようです。

◆ 中学受験生が増えている理由

① 大学入試改革の影響

 入試改革の内容が不透明であり、従来のような高校3年間での大学入試対策でなく、

 中学のうちから6か年かけての大学入試対策が有利であろうという保護者が増えた。

② Web出願の急増(1校⇒8校)

 金城学院・名古屋・南山男子・南山女子・滝・名古屋国際・鶯谷中が新たに実施。

 今後も増えていくだろうが、締切時期が早いなどの課題もある。

③ 英語入試の広がり、入試の多様化も始まる。

 グローバル化の流れの中、英語を入試の選択科目に加えたり、英検などの英語外部試験の成績で加点・優遇する学校が増加している。選択制の入試や後期・午後入試なども始まり受験生が増えたとみられる。

◆ おもな英語入試実施校

 星城中学校 (IE方式) 国・算・英 

  ※帰国生または英検3級以上もしくは英検3級に相当する資格取得者

 名古屋国際中学校 (A入試/B入試) 国・算必須 英・理・社から2科目選択

◆ 英語力がアピールできる入試 (当塾から受験者が多い学校のみ)

 愛知中

 国・算・社・理・英に関わると釘であれば、その特技を証明する書類のコピー提出で、合否判定の特別資料とする。

 愛工大附中 (奨学生B) 

 英検や漢検などの検定に合格しているものは申告書と賞状・合格証等のコピーを所定の用紙に添付。

 

愛知淑徳中 

 特に優れた特技(検定など)がある場合、および帰国子女は、自己申告書・帰国子女調査票を提出。

 

椙山女学園中 

 英検2級以上の資格取得者は、自己申告書・書状・合格証などのコピーを提出。

 

大成中 (かがやき型) 

 自己アピール(英語でのアピール可)

 

名古屋中 (グローバル入試)

 海外在住が概ね2年以上かつ帰国後概ね2年以内の者、または実用英語技能検定準2級以上、もしくは芸術分野において世界・全国レベルの大会・コンクールに出場し入賞した者。

 

名古屋国際中(帰国生)

 国・算 ※専願で海外在留期間が学齢期において2年以上。



<<追記>>

新学習指導要領では小3、小4で外国語活動としての英語、小5、小6で教科としての英語を学ぶこととなります。

つまり、小5、小6においては国語や算数同様、通知表で評価される英語を学ぶのです。

それも、小6では一般動詞の過去形まで学習します。

これは現中1の3学期の内容となります。

英語学習の前倒しですね。

実際、英検協会の資料を拝見しますと、

ここ数年、小学生の英検受検生が増えています。

そこで、当塾でも小学校低学年から始める英検講座を開講します。(6月開講予定)

時間割、料金などは未定。

5月に正式発表して、6月に授業開始予定です。

お問い合わせなどいただいても、まだ何も答えられない状況ですが、近日中に具体的な内容を発表できるかと思います。

想定としては小学校低学年で英検5級、中学年で4級、高学年で3級をイメージしています。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験部】 「手紙文の書き方」

おはようございます。

昨日の小6の授業では手紙文の書き方について学習しました。

「中学受験で手紙?」

と思われるかもしれませんが、

手紙と言っても、頭語、時候の挨拶などを入れた正式なものです。

何といっても、手紙においては敬語を使わなければなりません。

私は毎年、この単元になると、生徒たちに手紙を書かせます。

いつ社会人になっても恥ずかしくないように、という思いを込めて。

そして、今回の宿題は、私に手紙を書くことです。

テーマは、「中学受験に対する心構え」です。

生徒たちがどんな心中を明かしてくれるのか、

今年も楽しみです。

一人ひとりの思いをしっかり受け止めますね。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験部】 Aテスト見直し講座で知識、技術の補完!

当塾の中学受験部では、ほぼ毎月、Aテストという月例テストがあります。

週の単元別テスト「Cテスト」に対して、範囲が広くなり、難易度も上がりますので、

生徒たちは苦戦しているようです。

また、入試さながらでテキストに出てこない常識問題なども出題されるので、

「こんなの習ってない!」

と叫びたくなる生徒もいることでしょう(笑)。

さて、本日は小5、小6生を対象に、先日行われたAテストの見直し講座でした。

見直し講座では、単なる答え合わせ、解説ではなく、

テストに出題されなかった部分の知識補完も行いますので授業さながらです。

また、私が担当した国語では、普遍的な読解テクニックも解説し、

問題をパターンに分けて技術で解いていく練習も行いました。

なかなか小学生一人でここまで「見直し」をすることは難しいものです。

間違えた解答を赤で書き直し、語句だったらそれを練習し、次は同じ問題が出ても間違えないようにする。

その程度になってしまうかもしれません。

しかし、そのような学習では、ちょっと聞き方を変えただけで対応できなくなってしまうかもしれません。

それは根本的な本質理解が伴っていないからです。

その部分を強化するのが「見直し講座」です。

参加してくれた生徒たちの満足度は高かったようです。

この繰り返しで、しっかり学力を上げていきましょう!!



<余談>

木曜日に東京へ行っていました。

駒込学園中学・高校の河合校長先生と打ち合わせを行ってまいりました。

一昔前は「滑り止め校」だったのが、河合校長の改革により、今では人気校に。

さらに来年は定員削減により、偏差値59以下の生徒はきらざるを得ないそうです。

その学校改革を愛知県の私学の先生がたに知ってほしいがために、

講演の依頼を行ってまいりました。

Komagome1

和太鼓部がプラハで金賞をとったそうです。

Komagome2

生徒が多すぎて入りきらず、急きょプレハブ校舎を建てたそうです。

写真は本館のものです。

Komagome3

河合校長(左)と私吉村(右)。

そして、その後、私は竹ノ塚というところへ移動。

私の親友、キンジ天野のボクシングジムへ行ってきました。

彼は元日本チャンピオン。

youtubeとかでも試合があるのかな?

Kinji1

現在は、ワールドスポーツボクシングでトレーナーを務めています。

Kinji2

プロ選手も多く所属するジムです。

そこで、私も練習に参加させていただきました。

1時間半くらい行ったのですが、汗だくです。

全身汗まみれ。

しかし、息はまったくあがらない。

流石、私です(笑)。

フォーム、ミット打ち、サンドバッグを行って、最後に記念写真。

Kinji3

これ、更衣室の写真ですが、

プロ選手の所属するジムってこんなもんです(笑)。

なんなら、私が通っている総合格闘技の道場の更衣室は、これよりはるかに汚い(笑)。

それにしても、私の友人って塾人よりも格闘家が多いのは気のせいでしょうか(笑)。

今日も文武両道でがんばりマッスル!!




【中学受験部】 やっぱり中学受験する男の子と親は強くなくてはいけませんね。

こんにちは。

何かとご心配をおかけしている(?)吉村です。

体調は元通りになった・・・ような気がします。

授業も毎日、しっかりと行わせていただいておりますが、

中学受験部の授業をしていると、女の子の強さを感じます。

意思も強いですし、行動も素晴らしい。

保護者面談などでも、わりと男の子の方が何かと言い訳をつけてやらない子が多いようですね。

ちなみに、今、自習室で頑張っている生徒さん。

Photo_2

新小6の生徒さんですが、一人で自習に来ています。

自習は一人でないとできない人が多いものです。

2人だと、ついつい談笑してしまうこともあります。

この生徒さんは強いですね~。

一人で自習したり、目標を持って学習に取り組めています。

ちなみに、お母様もしっかりしていますので、

お子様に振り回されることなく、しっかりと先を見据えられています。

過去には、塾をやめる、やめないの話もありましたが、

そんな時もお母様がしっかりフォローして乗り越えました。

ここでくじける親が多いのです。

「子どもがつらいと言っているので塾を辞めます。」

こちらとしては、それ以上何も言わないのですが、

子どもには、つらいことから逃げる癖をつけることになります。

どんなことでも辛いことの1つや2つはあります。

しかし、それを乗り越えていく過程で子どもは強く成長します。

いちいち子どもの感情に振り回されることなく、

しっかりと子どもにとってプラスになることを考えてほしいと思います。

子どもが辛い時、励ますのが親の役目。

一緒に逃げてどうしますか(笑)。

私の経験則ですが、

人間は困難から学び、成長する生き物。

私自身は自分を苛めすぎているかもしれませんが(笑)。

辛いことの向こう側に楽しいことが待っている。

そう思えば、多少の事は辛いとは思わないものです。



そもそも勉強しないと中学受験はできませんからね(笑)。



当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

より以前の記事一覧