Amazon

  • 吉村塾長もここで本を買ってます♪
無料ブログはココログ

中学受験部

【中学受験部】 愛知県の私立中学受験者数の推移

今年の入試は波乱含みでしたが、

振り返ると大いに「盛り上がった」中学受験でした。

◆ 愛知県ののべ受験者数

2013年 11,266名

2014年 10,602名

2015年 10,887名

2016年 10,571名

2017年 11,109名 (前年比538名増)

前年比105.1%となりました。

◆ 岐阜・三重ののべ受験者数

岐阜 1,081名 (前年比9名増)

三重 1,760名 (前年比121名増)

岐阜、三重に関しては愛知県の生徒たちが多く受験したようです。

◆ 中学受験生が増えている理由

① 大学入試改革の影響

 入試改革の内容が不透明であり、従来のような高校3年間での大学入試対策でなく、

 中学のうちから6か年かけての大学入試対策が有利であろうという保護者が増えた。

② Web出願の急増(1校⇒8校)

 金城学院・名古屋・南山男子・南山女子・滝・名古屋国際・鶯谷中が新たに実施。

 今後も増えていくだろうが、締切時期が早いなどの課題もある。

③ 英語入試の広がり、入試の多様化も始まる。

 グローバル化の流れの中、英語を入試の選択科目に加えたり、英検などの英語外部試験の成績で加点・優遇する学校が増加している。選択制の入試や後期・午後入試なども始まり受験生が増えたとみられる。

◆ おもな英語入試実施校

 星城中学校 (IE方式) 国・算・英 

  ※帰国生または英検3級以上もしくは英検3級に相当する資格取得者

 名古屋国際中学校 (A入試/B入試) 国・算必須 英・理・社から2科目選択

◆ 英語力がアピールできる入試 (当塾から受験者が多い学校のみ)

 愛知中

 国・算・社・理・英に関わると釘であれば、その特技を証明する書類のコピー提出で、合否判定の特別資料とする。

 愛工大附中 (奨学生B) 

 英検や漢検などの検定に合格しているものは申告書と賞状・合格証等のコピーを所定の用紙に添付。

 

愛知淑徳中 

 特に優れた特技(検定など)がある場合、および帰国子女は、自己申告書・帰国子女調査票を提出。

 

椙山女学園中 

 英検2級以上の資格取得者は、自己申告書・書状・合格証などのコピーを提出。

 

大成中 (かがやき型) 

 自己アピール(英語でのアピール可)

 

名古屋中 (グローバル入試)

 海外在住が概ね2年以上かつ帰国後概ね2年以内の者、または実用英語技能検定準2級以上、もしくは芸術分野において世界・全国レベルの大会・コンクールに出場し入賞した者。

 

名古屋国際中(帰国生)

 国・算 ※専願で海外在留期間が学齢期において2年以上。



<<追記>>

新学習指導要領では小3、小4で外国語活動としての英語、小5、小6で教科としての英語を学ぶこととなります。

つまり、小5、小6においては国語や算数同様、通知表で評価される英語を学ぶのです。

それも、小6では一般動詞の過去形まで学習します。

これは現中1の3学期の内容となります。

英語学習の前倒しですね。

実際、英検協会の資料を拝見しますと、

ここ数年、小学生の英検受検生が増えています。

そこで、当塾でも小学校低学年から始める英検講座を開講します。(6月開講予定)

時間割、料金などは未定。

5月に正式発表して、6月に授業開始予定です。

お問い合わせなどいただいても、まだ何も答えられない状況ですが、近日中に具体的な内容を発表できるかと思います。

想定としては小学校低学年で英検5級、中学年で4級、高学年で3級をイメージしています。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験部】 「手紙文の書き方」

おはようございます。

昨日の小6の授業では手紙文の書き方について学習しました。

「中学受験で手紙?」

と思われるかもしれませんが、

手紙と言っても、頭語、時候の挨拶などを入れた正式なものです。

何といっても、手紙においては敬語を使わなければなりません。

私は毎年、この単元になると、生徒たちに手紙を書かせます。

いつ社会人になっても恥ずかしくないように、という思いを込めて。

そして、今回の宿題は、私に手紙を書くことです。

テーマは、「中学受験に対する心構え」です。

生徒たちがどんな心中を明かしてくれるのか、

今年も楽しみです。

一人ひとりの思いをしっかり受け止めますね。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験部】 Aテスト見直し講座で知識、技術の補完!

当塾の中学受験部では、ほぼ毎月、Aテストという月例テストがあります。

週の単元別テスト「Cテスト」に対して、範囲が広くなり、難易度も上がりますので、

生徒たちは苦戦しているようです。

また、入試さながらでテキストに出てこない常識問題なども出題されるので、

「こんなの習ってない!」

と叫びたくなる生徒もいることでしょう(笑)。

さて、本日は小5、小6生を対象に、先日行われたAテストの見直し講座でした。

見直し講座では、単なる答え合わせ、解説ではなく、

テストに出題されなかった部分の知識補完も行いますので授業さながらです。

また、私が担当した国語では、普遍的な読解テクニックも解説し、

問題をパターンに分けて技術で解いていく練習も行いました。

なかなか小学生一人でここまで「見直し」をすることは難しいものです。

間違えた解答を赤で書き直し、語句だったらそれを練習し、次は同じ問題が出ても間違えないようにする。

その程度になってしまうかもしれません。

しかし、そのような学習では、ちょっと聞き方を変えただけで対応できなくなってしまうかもしれません。

それは根本的な本質理解が伴っていないからです。

その部分を強化するのが「見直し講座」です。

参加してくれた生徒たちの満足度は高かったようです。

この繰り返しで、しっかり学力を上げていきましょう!!



<余談>

木曜日に東京へ行っていました。

駒込学園中学・高校の河合校長先生と打ち合わせを行ってまいりました。

一昔前は「滑り止め校」だったのが、河合校長の改革により、今では人気校に。

さらに来年は定員削減により、偏差値59以下の生徒はきらざるを得ないそうです。

その学校改革を愛知県の私学の先生がたに知ってほしいがために、

講演の依頼を行ってまいりました。

Komagome1

和太鼓部がプラハで金賞をとったそうです。

Komagome2

生徒が多すぎて入りきらず、急きょプレハブ校舎を建てたそうです。

写真は本館のものです。

Komagome3

河合校長(左)と私吉村(右)。

そして、その後、私は竹ノ塚というところへ移動。

私の親友、キンジ天野のボクシングジムへ行ってきました。

彼は元日本チャンピオン。

youtubeとかでも試合があるのかな?

Kinji1

現在は、ワールドスポーツボクシングでトレーナーを務めています。

Kinji2

プロ選手も多く所属するジムです。

そこで、私も練習に参加させていただきました。

1時間半くらい行ったのですが、汗だくです。

全身汗まみれ。

しかし、息はまったくあがらない。

流石、私です(笑)。

フォーム、ミット打ち、サンドバッグを行って、最後に記念写真。

Kinji3

これ、更衣室の写真ですが、

プロ選手の所属するジムってこんなもんです(笑)。

なんなら、私が通っている総合格闘技の道場の更衣室は、これよりはるかに汚い(笑)。

それにしても、私の友人って塾人よりも格闘家が多いのは気のせいでしょうか(笑)。

今日も文武両道でがんばりマッスル!!




【中学受験部】 やっぱり中学受験する男の子と親は強くなくてはいけませんね。

こんにちは。

何かとご心配をおかけしている(?)吉村です。

体調は元通りになった・・・ような気がします。

授業も毎日、しっかりと行わせていただいておりますが、

中学受験部の授業をしていると、女の子の強さを感じます。

意思も強いですし、行動も素晴らしい。

保護者面談などでも、わりと男の子の方が何かと言い訳をつけてやらない子が多いようですね。

ちなみに、今、自習室で頑張っている生徒さん。

Photo_2

新小6の生徒さんですが、一人で自習に来ています。

自習は一人でないとできない人が多いものです。

2人だと、ついつい談笑してしまうこともあります。

この生徒さんは強いですね~。

一人で自習したり、目標を持って学習に取り組めています。

ちなみに、お母様もしっかりしていますので、

お子様に振り回されることなく、しっかりと先を見据えられています。

過去には、塾をやめる、やめないの話もありましたが、

そんな時もお母様がしっかりフォローして乗り越えました。

ここでくじける親が多いのです。

「子どもがつらいと言っているので塾を辞めます。」

こちらとしては、それ以上何も言わないのですが、

子どもには、つらいことから逃げる癖をつけることになります。

どんなことでも辛いことの1つや2つはあります。

しかし、それを乗り越えていく過程で子どもは強く成長します。

いちいち子どもの感情に振り回されることなく、

しっかりと子どもにとってプラスになることを考えてほしいと思います。

子どもが辛い時、励ますのが親の役目。

一緒に逃げてどうしますか(笑)。

私の経験則ですが、

人間は困難から学び、成長する生き物。

私自身は自分を苛めすぎているかもしれませんが(笑)。

辛いことの向こう側に楽しいことが待っている。

そう思えば、多少の事は辛いとは思わないものです。



そもそも勉強しないと中学受験はできませんからね(笑)。



当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【中学受験部】 きっかけは親

おはようございます。

体調も回復しつつあり、昨日から現場復帰しています。

夜には試しに近くのジムでトレッドミル。

20分走ったところで気分が悪くなったので、残り40分は速足ウォーキングに変えて合計7km。

運動しないと精神的にまいってしまいます。。。

さて、昨日も中学受験部 新4年生の方がご入会されました。

本人はさほど乗り気のようでもなかったのですが、

お父様とお母様がお子様の将来を考えての決断でした。

私はそれでいいと思います。

「子どもの自主性に任せる。」

という言葉は聞こえは良いのですが、親の都合で意味が変わるズルい言葉でもあります。

例えば、毎日、遊びたい、Youtubeを見ていたい、ゲームをしていたい、そんなお子さんに対しても同様の言葉を使うのでしょうか。

また、お金遣いが激しいお子さんに対しても同様なのでしょうか。

「自主性に任せる。」

というのは、家のお金が抜ける時、子どもが遊んでばかりいる時には制し、

お金がかかるが本人のためになると判断したときは、本人がやりたいというなら(しぶしぶ?)承諾する。

そんなご家庭が多いような気がします。

そもそも5年後10年後の自分の姿をイメージできている小学生は少なく、

ましてや大人になってからの姿など幻のごとく、ではないでしょうか。

ちなみに、私は中津川にいた頃は極貧の生活を強いられていました。

大げさでなく、その日に食べるものにも困っていたので、山へ行っては食べられる草などを集めていました。

鳥を捕まえて食べたこともありますし、川でカニを捕まえて食べたこともあります。

外食なんて年に数回、ラーメン屋さんへ行って私たち子どもが麺を、母親はスープを、という生活でした。

吉村家はそんな感じでした。

私の両親は、その流れを変えたいと勉強させてくれました。

大した塾もない田舎でしたので、ほぼ学校だけで、なんとなく地元の進学校へ進学し、

なんとなく大学へ進学し、名古屋へやってきました。

勉強は好きではありませんでしたが、今思うと親に感謝しきりです。

あの時、チャンスをくれてありがとう。

そう言いたくても、もう両親はいません。

結局、親たるもの、子どもの可能性を如何に広げてあげられるか、

そして、

何もわからない子どもに対して、如何に物事=生きる術を教えてあげられるか、

そうした「教育」が大切だと思うのです。

私は我が子にお金を残すつもりは毛頭ありません。

もっとも、残すだけのお金もありませんが(笑)。

ただ、私の両親がそうだったように、お金の作り方は教えてあげないといけないと思っています。

それならば、

親の意思で始めた中学受験でも大いに結構ではないか。

そう思うのです。

結果として5年後、

「お父さん、お母さん、あの時、苦労してお金を出して私立中学へ行かせてくれてありがとう。おかげで今、幸せだよ。」

そう言ってくれる日がくるのならば。

「結局は本人のやる気次第。」

と、おっしゃられる方もいらっしゃいますが、

その「やる気」を出させるのも潰すのも、一番得意なのは本来、親であることも加えておきます。

週に数回、顔を合わせる塾の先生よりも、一番長く時間を共有しているかたの方が得意であるに違いありません。


今日も、お父様、お母様がたのお気持ちを背負って指導にあたります。

安静にしている暇などありません。

それが私の命の使い方、「使命」なのですから。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3







【春期講習】 後半戦突入

おはようございます。

さて、春期講習も後半戦に突入です。

私は、今回、中学受験部のみを担当しておりますが、

皆さん、しっかり力をつけています。

入会したばかりの生徒さんたちも、ノートの作り方、授業の受け方、メモの取り方など、

基礎的な指導から、応用的な受験テクニックまで身につけています。

折れ線グラフにしたら、相当な力のつき方ではないでしょうか。

よく頑張っています♪

春田校では、現在、小4クラスが5名、小5クラスが10名、小6クラスが11名在籍。

今年も、滝中、愛知淑徳中、椙山女学園、金城学院、南山男子、名古屋などへ進学していきました。

現在の生徒たちにも、しっかり指導して、受験の向こう側の世界へ連れて行ってあげたいと思っています。

もちろん、受験しない生徒さんがたも入会されています。

その際は別クラスで、個別指導形式で学校の予復習を行っています。

最近、新中1の方の入会も増えていますよ。

しっかり準備して、中学校の授業に、高校入試に備えてほしいと思います。

現在、4月入会生を受付中です。

まずは見学、体験からどうぞ。

初めてのところに通うのって、勇気がいりますからね。

それらを通じて、

「自分もああいうふうになりたい!」

「自分にもできるかも!」

と思ってくれれば幸いです。




さて、


私もある意味、春期講習中。

昨日は道場で打撃の練習をしてきました。

先週、ブラジリアン柔術の練習中に頸椎捻挫を起こし、1週間のブランク。

1週間ぶりに行くと、館長が怖い顔で迎えてくれました(笑)。

打撃の先生は、日沖発選手(アメリカの総合格闘技UFCの現役選手)です。

共に練習するのは半分ほどがプロの方。

残りの半分はプロを目指している方。

ごく一部が趣味の方。

私はまだまだ下手くそですが、しっかり練習して、早く今のダメダメゾーンを脱したいです。

鈴木館長、久米先生(総合格闘技パンクラス現王者)、日沖先生(UFC選手)の元、

言われたことをしっかり身につけて、少しずつ強くなっていきます。

昨日はワンツーから身をかわしてストレート、ジャブ、キックのコンビネーションの練習。

これだけのことなのに、フォームを意識したり相手の攻撃を意識したりで汗だくです。

ただ、最近は、練習が上手にできたことより、怪我がなかったことの喜びの方が大きいですが(笑)。

塾生の皆さんも、できないことに腐るのではなく、

練習してできるようにしていくことを目標にしてください。

格闘技もそうですが、教えられたことを家でも練習すると、体が覚えるというか、

すらすらできるようになりますよ。

一緒に頑張っていきましょう!!

今日も文武両道でがんばりマッスル!!

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3






【塾長のひとりごと】 中学受験部の国語と社会についての誤解

おはようございます。

まずは私事。

現在、総合格闘技を練習している私ですが、

火曜日の柔術の練習中、どうやら首を痛めたようです。

いわゆる、頸椎捻挫。

練習した相手が大柄の人だったので、その他もいろいろ痛めて現在、通院療養中…。


閑話休題。

よく、こんなことを言われます。

「国語って、そこに答えが書いてあるから、それを探すだけですよね。」

「社会って覚えるだけですよね。」

カチン、とくるんですよね(笑)。

国語といっても物語文、説明文、随筆文では読解法が異なります。

特に、物語文では「想像」することが大切です。

書いてないことを読み取る。

文字の裏側の心情を推測し解く。

説明文は言葉は難しいですが、答えは本文にあることが多いので、

実は物語文より簡単だと思うのです。

実際の入試では、自分の言葉でまとめて書くことも要求されます。

「書きぬきなさい。」

「文章中の言葉をつかって答えなさい。」

「答えなさい。」

では、要求されている技術が全く異なります。

また、社会では、語句を覚えた程度で合格できるはずもなく、

典型的な問題では、

問題 「源頼朝はどこに幕府を開きましたか。」

答え 「鎌倉」

ですよね。

大切なのは、

問題 「なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたのですか。」

に答えられるか否かなのです。

「なぜ?」

「・・・ということは、~」

という思考力が常に要求されます。

模範解答を鵜呑みにして丸暗記に頼ると確かな学力はつきません。

私の授業では、常に応用思考を大切にしています。

国語の記述でも、空欄にしておいて、ホワイトボードの模範解答を赤で写して勉強した気分になっている人・・・。

それで成績が上がるはずがない!

私は皆の答えを見ながら、どうしたら正解になったのかというアドバイスを一人ずつにしています。

もちろん、空欄の人たちはスルー。

「間違ってもいいから、まずは自分なりの答えを書こうね。」

としか言えません。

知っていることを答えるのが知識系の問題なら、

知らないけれど、自分なりに考えて答えを出すのが思考系の問題。

後者を鍛えずして合格はありえません。

とかく、入試の花は算数くらいに言われますが、

実は国語力がとても大切であることをしっかりわかってほしいですね。

今日の私の担当は、小5の国語と小6の社会。

先週の小6社会では、幕末を扱いましたが、小芝居を交えるので、

生徒2人くらいは新撰組の最期の芝居に目を潤ませていました。

生徒たちは否定するかもしれませんが、

私の目にはしっかりと見えていましたよ~(笑)。

さて、今日の芝居の練習でもしましょうかね。

おっと、その前に病院へ行ってきます・・・。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




【私立中学受験】 2017年度、愛知県の私立中学受験生はなぜ増えたのか?を考えてみる

タイトルの件ですが、詳細に関しては精査中ですので、

今回は感覚的なお話にとどめさせていただきます。

文中の数字は全て、吉村調べですので若干の誤差が発生する場合もございます。

予めご了承願います。

今年のポイントの1つは東海中学が定員を40人削減したことです。

ところが、実受験者は昨年度比で50名ほど増えています。

如何に熾烈な戦いだったかがおわかりでしょう。

これにより、東海はもちろん、滝以下の中学が大きな影響を受けました。

結果、滝中学が激戦となり、それも男子を中心にかなり優秀な生徒が受験しました。

滝中学を合格した女子生徒たちは本当に素晴らしいと思います。

昨年よりも、さらに素晴らしいことだと思います。

さて、東海が定員を削減し、滝が激戦となった結果、男子の方はどうなったのでしょう。

南山中学男子部は、633名が願書を提出し、218名が合格しました。

南山中学の場合、多くの保護者様は南山小学校へ行けば、そのまま南山中学へ行けると勘違いしていませんか???

今年の場合、そのまま南山中へ持ち上がった男子は29名で、16名は他校受験をしています。

中には小学校側から、「あなたはこのまま南山中学へは進学できない。」と言われた生徒も含まれています。

それも、到底、私立中学入試の対策が間に合わない小6の中頃に非情とも思える宣告をされるのですから、生徒も保護者もたまったものではありません。

南山男子部と東海は同日入試ですから併願できません。

すると、当然、名古屋中学も影響を受けるわけです。

全体的に見てみますと、男子のみならず、女子も受験生が増えています。

ある関係者によりますと、理由は下記のとおり。

1.地元公立中学への不安

2.不透明な新大学入試への不安

3.先の憂い(高校入試)を取り除くための受験

よって、目立つのは、いわゆる「中堅校」と呼ばれるレベルの学校受験生の増加です。

まさに当塾が目指す学校

女子: 愛知淑徳中学・金城学院中学・椙山女学園中学

男子: 名古屋中学・南山中学男子部

といったところです。

当塾からは、生徒の皆さんは今年も上記の学校に合格しています。

余談ですが、愛知工業大学附属中学校の校名が変わります。

最近では、愛工大附中のレベルも上がってきて、もはや「滑り止め校」ではございません。

別の関係者によると、

「愛工大附中のレベルが上がったのは、愛工大のレベルが上がってきているからではないか。それに伴い、愛工大名電高校のレベルも上がったとすると、愛工大附中のレベルが上がったことも合点がいく。」

やはり、「愛知工業大学」というのはブランドなのです。

ところが、ここにきて、まさかの来年から 「名電中学校」へ校名変更!

どうなることやら。

名古屋女子大中も、一時はどうなることやらという時期もございましたが、

昨年の願書提出が105名、そして今年は180名。

やはり多くの学校で受験生が増えているのです。

また、市内の某私立中学校関係者によると、

「今年、うちの学校は三重県からの受験生が増えました。」

とのこと。

ところが、三重の某私立中学校関係者によると、

「今年は、愛知県からの受験生が増えました。」

とのこと。

正確な数字は把握していませんが、言葉通りに受け止めると、

もはや愛知、三重の県境はなく、入試時期がずれていることにより、

両県の学校を受験する傾向にあるということでしょう。

三重県といえば、今年から共学となるメリノール学院中学が気になります。

結果はいかがだったのか、まだまだ情報収集を続けます。

とりあえずは、当塾生以外にも出してよい範囲での情報をお伝えいたしました。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3


【私立中学受験】 続・合格速報

祝!滝中学合格!

ご連絡が入りましたので、皆さまにもお知らせ申し上げます。

<現在、私立中学受験部 新年度(3月~)生 最終受付中>

※学年によっては定員間近となっています。詳細はお問い合わせください。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3







【中学受験】 私立中学入試 結果速報

おはようございます。

現在、2月7日(火)のAM5:00。

塾の仕事は夕方からと思われている方もいらっしゃると思いますが、

私の場合、わりとこういう時間から仕事をすることもあります。

おかげさまで、最近では毎日、入会説明や入会手続きをさせていただいておりますので、

仕事の時間を延ばさないと追いつきません。




さて、昨日までの私立中学入試の合格速報をお伝えいたします。

今年のEDIX春田校の私立中学受験部にはちょっと少ない5名が在籍していました。

通常は8~10名程度で指導させていただいております。

男子1名、女子4名。 ※春田校のみ

<男子>


名古屋中学 1名合格/1名受験

南山中学男子部 1名合格/1名受験

<女子>

聖霊中学 1名合格/1名受験

春日丘中学 1名合格/1名受験

金城学院中学 3名合格/4名受験

椙山女学園中学 1名合格/1名受験

愛知淑徳中学 3名合格/3名受験


津田学園中学(三重) 1名特待合格/1名受験

片山学園中学(富山) 1名合格/1名受験



おかげさまで、今年も高い合格率を出すことができました。

残すは滝中学の結果待ちです。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3










より以前の記事一覧