Amazon

  • 吉村塾長もここで本を買ってます♪
無料ブログはココログ

中川区の小学生はEDIX!

小学生が夏休みに取り組むべきこと

☑ 公立中学進学予定の小学生

☑ 夏に子どもに何かをやらせたい。

☑ 夏休み、家にいても遊ぶだけなので勉強させたい。

という方は以下の文をご覧ください。

早いもので、もうすぐ夏休み!

夏休みといえば、1年で最も長い休暇となります。

この過ごし方で2学期以降が大きく変わるので、

ただなんとな~く過ごしているだけではもったいないのです。

既に塾に通っているという生徒さんがたは、

更なる学力向上に努めるべきです。

日頃は学校の予復習を行っているはずですので、

夏休みには、学校の教科書を離れた、ちょっと難しめの学習に取り組ませると良いでしょう。

<例>

A:標準問題集を使って1学期までの復習

B:漢検、英検などの対策授業

C:その他 単元別攻略

Aに関しては、当塾に通っている小学生(公立中学進学予定)が夏期講習で扱う内容です。

これによって、算数の計算はもちろん、文章題の演習、

国語においては、漢字はもちろん、初めて見る文章での読解演習を扱います。

そもそも学校の国語だけでは、さんざん授業内で扱った内容をテストする、ということですので、果たして、それを「国語力」と呼んでよいのでしょうか。

もしかしたら、暗記科目になってしまっているのではないでしょうか。

しかし、いずれ来る高校入試などでは、その時に初めて対峙する本文を読解せねばなりません。

また、よくこんなことをおっしゃる方もいらっしゃいます。

「国語の答えは本文の中にある。」

果たしてそうでしょうか?

説明文であればそうかもしれませんが、物語文では文章の裏側の心情を想像する力が求められます。

文字通り受け取っていたのでは詩の読解なんて無理ですよね。

また、最近では大人でも額面通り受け止める人が多くなっています。

所謂、「空気を読む力」というのがないというのでしょうか。

その想像して、文章を表現する、自分の意見をまとめる、という練習は小学生のうちにしておいた方がよいと思います。

また、この機会に新たなことに挑戦するのもよいのではないでしょうか。

当塾でも、最近大ブームとなりつつある将棋教室、

Lepton(ネイティブ講師が教える小学生英語)

脳の処理速度を高め、記憶力、多読力、学習能力を高める速脳速読講座

キレイな字を正しく書けるようにする かきかた講座、書道講座

計算脳を鍛える そろばん教室

文章を理解し、論理的な文章を書けるようにする 論理エンジン

まずは書き写すことから始める 書写講座(天声子ども語)

プログラミング講座

※意外と知られていないのですが、プログラミング講座は学校で必修化となります。

などさまざまな講座があります。

この夏のうちに無料体験を受けて、

多角的に学力を上げてはいかがでしょうか。

現在、教育の世界で求められている子ども像は、自分の力で問題を見つけ、解決できる自己解決能力をもった人間です。

ご家庭では、お互いに感情的になってしまい、なかなか進まない。

または、ご家庭では十分に時間を割くことができない、という方はぜひプロにお任せください。

現在、夏期講習受付中です。




当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【小学生】 全国統一小学生テスト WEB解説授業のご案内

蟹江校の村井です。

6月4日は約80名の小学生たちが
 
全国統一小学生テストという名のもとに集い
 
休日を返上してテストを受けに来てくれました。
 
学力はテストに取り組んでいるその瞬間から伸びているものです。
 
そして、テストの「感触」が残っているうちに復習することで定着します。
 
全国統一小学生テストでは、受験生の復習用として
 
解説授業をWEBにて受講できます。
 
<解説授業の見方>
①全国統一小学生テストのホームページへアクセス
 
②「解説授業はこちらから」をクリック ※6月12日正午より
 
③受験番号を入力し、ログイン
 
※パソコン・スマートフォンのいずれでも視聴できます。
 
※公開期間 6月12日(月)正午12:00~6月18日正午12:00

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【賢い子どもに育てましょう】 強い男の子に育てる!

こんにちは

最近、「強い男の子」が少なくなってきたように感じます。

相対的に言うと、

「強い女の子」が増えてきたように感じます。

勝手な私見ですが、

教育や子育ては、主にお母様のお仕事になっているのではないでしょうか。

お母さんと娘さん、つまり同性関係にあると一人の人間として感情のぶつかり合いが多いご家庭が多いように感じます。

また、お母さんと息子さんは甘えの関係が多いように感じます。

例えば、息子さんがお母さんに質問して、なかなか理解できないと、

「お母さんの説明じゃ、わからない!」

「なんでこんな問題もわからないの!?」

など。

学習指導というものは感情を脇に置いておかないと難しいものです。

かくいう私も我が子への学習指導には本当に気を遣います。

プロですら、この有様ですから、一般のご家庭では大変かと思われます。

また、わからないとパニックになって泣く、という声も聞きますが、

はたしてそうでしょうか。

考えることを放棄し、泣けば周囲がなんとかしてくれるという習慣がそうさせているのでは?と勘ぐってしまいます。

どうしても、パニックになるというのならば、

まずはやるべきことをリストアップさせて、それを1つずつ消していくようにしてはいかがでしょうか。

100円ショップなどで売っている小さなホワイトボードで良いと思います。

まずは、子どもが泣いたら、「もう、しょうがないわね!」という空気をやめた方がいいと思いますね。

1つのことにじっくり取り組ませ、じっくり考える習慣(長考習慣)を身につけさせたいところです。

何でも速く終わらせて、あとは自由時間!という発想や、

机には長時間座っているけれど、何かを覚えたわけではない、という目的意識の欠如が気に入らないですね。

しっかりと家での時間割をつくって、取り組ませる。

学習のみならず、生活習慣から忍耐を学ばせる。

そんなことから取り組ませてはいかがでしょうか。

親が付き添いすぎるといつまでたっても自立できない甘えん坊のままです。

子どもには多少の挫折感や苦労を味わせた方が強くなります。

そこから子どもが這い上がるときに、120%の応援、励ましをしてあげましょう。

「そんなことでは、○○になっちゃうよ!」

と否定的な言葉をぶつけるよりも、

「○○にならないように、こうしていこうね!」

などと前向きな言葉で応援してあげましょう。

その際、自分で考えさせるのも良いでしょうね。

「○○にするにはどうしたらいいと思う?」

など、Yes,Noで答えられない開いた質問を投げかけるとよいと思います。

その回答の是非に関わらず、一度やってみさせ、結果を体感させた上で再度、作戦会議を開いてはどうでしょうか。

挫折も大切な「学び」であります。

自戒の言葉でもあります。

一緒に「プロ親」を目指して、頑張っていきましょう♪


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3




【賢い子どもに育てましょう】 論理的思考力をつける

こんにちは

先日、全国統一小学生テストが行われました。

当塾にも約80名の生徒さんが集まってテストを受験していました。
Photo

▲ 教室をフル稼働で対応しましたが、そのうちの1教室の様子です。

皆さん、難しい問題に真剣に取り組んでいました。

その頑張りだけで褒めてあげてよいと思います。

そして、私は別室で父母会を開催していました。

父母会では、様々なテーマでお話させていただきましたが、

そのうちのいくつかをご紹介させていただきます。

今回はまずは第一回目として、

論理的思考力

よく、「○○字以内で答えなさい。」という記述問題がありますが、

私はよく、「トドメの言葉に注意しなさい。」と指導します。

つまり、最後の締めくくりの言葉をイメージし、それに肉付けしていくイメージ。

これができていない生徒さんは、とりあえず見切り発進して、制限時数が迫ると、無理やり締めくくる。

だから、設問と解答が対応していないことも多いのです。

こうしたことを訓練するには、机上よりも日常生活が大切かもしれません。

例えば、通常の会話でも単語でしか話さない人がいます。

「先生~、追試~。」

「私は追試ではありません!」

と意地悪く返します。

「先生、追試を受けに来ました。お願いします。」

と文章で会話をしようとしないのです。

勝手な推測ですが、このようなお子様って、家でも、

「お母さ~ん、ごは~ん!」

とか単語を並べて会話をしようとしているのではないでしょうか。

きちんと文章で会話させてやるだけで、十分、記述対策になりますよ。

また、論理的な文章で会話できるともっと良いですよね。

生徒さんの中には、長々と話すわりに、結局、何が言いたいのかわからない場合もあります。

お笑いで言うところの「オチ」の部分をしっかり見据えて、それに向かって会話できるようにするとよいでしょうね。

結論がはっきりしない会話は、きっと保護者様もイライラしてしまって、

「~ってこと!?」

などと、いきなり正誤問題になってしまいますが、ぐっとガマンして記述問題のように自分の言葉で言わせてみてはいかがでしょうか。

親は忍耐ですね・・・。

かくいう私も毎日、そのような感じで悶々とすることも多いです。

お子様には文章で会話をさせる。

結論を持った上で会話をさせる。

当たり前のことですが、なかなかできていないようです。

一緒に頑張りましょう♪

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3


【全国統一小学生テスト】 受験受付中

EDIX春田校では、今回も全国統一小学生テストを開催いたします。

小学4年~6年は午前9時開始です。

小学1年~3年は午後1時開始です。

なお、父母会は午前9時30分から、午後1時30分からそれぞれ開催いたします。

内容はほぼ同じものですので、ご兄弟で参加される場合はいずれかの時間でご参加くだされば結構です。

なお、当塾 中学受験部の生徒様に関しましては当塾にて申込手続きを行いますが、学校補習、その他習い事講座の生徒様に関しましては各自にてお申込みをお願い申し上げます。

<申込方法>

以下のバナーをクリックしてくだされば申込画面に移ります。

◆PCからお申込みをされる方は以下をクリックしてください。



◆スマホからお申込みをされる方は以下をクリックしてください。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

 

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【小学4年生~6年生】 小学ぜんけん模試で実力を試しましょう!

小学生の皆さんへ

小学ぜんけん模試を受験してみませんか!?

小学生の学力テスト・高校の合格可能性判定をシミュレーション!

小学4年生から6年を対象に実施する学力テストです。

愛知県下の代表的な高校をピックアップし,

合格可能な高校が簡易シミュレーションできる合格判定データを表示し,

小学生の時期からの高校入試への目標 や動機付けに活用できます。

当塾では、

4月2日(日)の13時より開催いたします。

当塾に通っていない生徒さんも受験可能ですので、

ぜひこの機会に実力を測ってみてください。

の~んびりしていると、後で困るかもしれませんよ。

234618

【実施要項】

<小学4年生> 国語・算数 13:00~14:30

<小学5・6年生> 国・算・理・社 13:00~15:40

受験費用:2,100円(税込)

【申込方法】

3月  17日(金) 締切

① お電話にて申込みに来塾される日時お伝えください。☎052-304-0581

 ※塾生のかたはお電話は不要です。

②  来塾時に申込用紙に記入のうえ、受験費用2,100円をお支払いください。

これでお申込みは完了です。

結果は4月19日(水)以降でお渡しできますので、当塾にお越しください。

郵送をご希望の方は、申込時に510円をお支払いください。




当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3


【小学生】 小学ぜんけん模試で実力把握すべし!

11月に行われた全国統一小学生テスト
結果を返却していると聞こえてくる感想として
 
「習ってない問題が・・・。」
 
もちろん習っている問題も多くありますが
特に小学5年生からは問題の難易度がググッと上がり
中学受験の準備をしている生徒でなんとか解けるといった様子でした。
 
「本当にうちの子の学力はついているのかしら・・・。」

「本当にうちの子は大丈夫なのかしら・・・。」

テストを受けてむしろ心配や不安が増えたという保護者様もいらっしゃると思います。
そんな皆様に今回は小学ぜんけん模試のお知らせです。
小学学習内容に即したテストでまずは現在地を把握することから始めてみませんか?
 
小学ぜんけん模試では成績をもとに
愛知県下の代表的な高校をピックアップし
合格可能な高校が簡易シュミレート合格判定データを表示し
小学生の時期から高校入試への目標や動機付けに活用できます。
 
対象:公立中学に進学予定の小学4年~小学6年生
※塾生でなくても小学ぜんけん模試は申し込みできます

● 実施要項  小学4年  2科目(算数・国語)
         小学5年・6年  4科目(算数・国語・理科・社会)
● 実施日程 12月23日(金)
  小4 9:00~ 9:20 受験票記入
      9:25~ 9:55 国 語
     10:00~10:30 算 数  ※終了
 小5・小6 9:00~ 9:20 受験票記入
         9:25~ 9:55 国 語
        10:00~10:30 算 数
       10:35~11:05 理 科
       11:10~11:40 社 会  ※終 了
 
持ち物:筆記用具・スリッパ
 
試験範囲:

Photo_2
 
受験料:¥2,100(税込)
 
締切:12月13日(火)

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【夏期講習 後半】 算数苦手な小学生、ひと夏でなんと・・・!!

7月に、あるお母様から、

「先生、どうしよう!?

 うちの子、小2なのにかけ算が全然できなくて…。

 学校でも居残りばかり…。

 このままだとわり算とかも心配で…。」

とのご相談。

お子様は私立の小学校へ通われているので、

公立小学校より進度が速いのです。

「では、1か月間、短期集中で授業を増やしてかけ算完全マスターしませんか?」

「そんなこと、できるかなぁ。でも、お願いします!!」

ということでお預かりしていました。

昨日、そのお母様から、

「先生!おかげさまで、かけ算は完全にマスターできました!!

 ありがとうございます!!!

 これからも宜しくお願いします!!!」

とのお言葉をいただきました。

この瞬間が塾人として至福の時ですね。

夏休みも残り13日。

2学期が始まった時には、差がついた状態で学校生活が始まるでしょう。

何か一つが変わるだけで、

その後の人生が大きく変わることもあるのです。


当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【読書感想文講座】 低学年はやっぱりマンツーマンだな…。

おはようございます。

夏期講習まっただ中!

の中でも2つのジムを掛け持ちし、筋トレ、有酸素運動を欠かさない吉村です。

おかげさまで、3月から比べてマイナス20㎏を達成。

目標はあと20㎏です。

3月時が110キロオーバーで、自称「0.1トンの漢」でしたから、

まだまだですな(笑)。

最近、社内では私が減量について語りすぎるので、私のメソッドのことを

「ヒロザップ」

と呼ぶ人もいます(笑)。

体脂肪率は10以上ダウン、血圧もかなりダウン。

まぁ、以前は上が200オーバーだったので(笑)。

今は上が130くらいです。

この夏、バテないようにしっかり頑張ります♪

午前は比較的、時間を空けるようにしています。

昨日は、小2生の「読書感想文講座」を開講しました。

低学年は語彙が少ないので、マンツーマンの対話形式で語彙を拾わねばなりません。

複数人いると、鉛筆が止まってしまうのですよね。

昨日も本読みから始まって、

☑ 読書感想文とは何か

☑ あらすじを書かずに●●を書く。

☑ 最後のまとめには●●を書く。

☑ 原稿用紙の使い方指導

など、いくつかのパートに分けて文章を書き、最後に提出用原稿用紙に清書させ完成。

保護者様に説明がてらお見せすると、

「あの本からここまで書けるとは・・・。」

と驚いていました。

私は、その生徒さんの集中力に驚きましたが。

小2にして、朝9時から13時まで4時間!

途中に休憩を入れたとしても、中学生でもそこまでできませんよ(笑)。

あとは提出するだけですね。

公立小学校では読書感想文の提出が任意となっているところが多いですが、

私立小学校ではほぼ強制的に夏の宿題として課されます。

ご家庭で取り組んでも、書くこと・提出することが仕事になってしまい、

質の部分までご指導されるのは大変だと思います。

2時間程度で終わるかと思ったら、その倍の時間がかかりました。

しかし、かなりのクオリティのものが完成したと思います。

手を加えすぎると誰の感想文かわからなくなるので、

極力、生徒の言葉を紡ぐことを意識しています。

私は道先案内人。

実際に歩くのは生徒さん本人。

読書感想文を通じて、読解力や思考力も向上させていきます。

何時間かかろうが、1回9,720円の『吉村塾長の低学年マンツーマン読書感想文講座』。

火、金以外の平日午前でしたら、お時間をとることができる (…日がいくつかあります)

関心ある方はお問い合わせください。

1日で読書感想文を完成させます。

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

【小学生】 読書感想文の書き方~読書感想文講座~

昨日の午前、当塾では読書感想文講座が開講されました。

一人ずつ記述を指導していかねばならないため、

1クラス定員4名のコース設定です。

Img_1911

参加した生徒さんたちはかなり驚いていました。

「今まで、読書感想文の書き方を間違えてた!」

「読書感想文って、あらすじを書いちゃダメだったんだ!」

「逆に、こんなことを書けばよかったんだ!」

「読書感想文って、難しいかと思ってたら、すごく簡単だった!」

大好評のうちに終わりました。

Kannsoubun

生徒たちは専門教材を使って、読書感想文の書き方を学び、

来週にはそれぞれの学校の課題に取り組みます。

もちろん、そちらもしっかり指導してまいります。

好評だったので、第2弾を行います。

【読書感想文講座 第2弾】

<小3~小6>

日 時:8月6日(土) 9:30~12:00

参加費: 当塾生=5,400円(教材費・消費税込み)

      一般生=7,560円(教材費・消費税込み)

定 員:4名

申込方法:7月30日(土)までにお電話でお申込みください。☎052-304-0581

       ただし、定員となった時点で受付を終了しますのでご了承願います。

<小1~小2>

日 時:7、8月中の月曜日・水曜日・木曜日・土曜日の午前中 2~3時間

★マンツーマン指導により、その日のうちに本読み、感想文仕上げまで行います。

あとは提出するだけ!!

参加費:当塾生=9,720円(消費税込み)

     一般生=11,880円(消費税込み)

※テキストは使用しません。課題図書と原稿用紙をお持たせください。

※1日1人のみの指導となります。スケジュールに限りがあるのでお早目にお申込みください。

申込方法:お電話でお申込みください。☎052-304-0581

当塾についてのお問合せはコチラをクリックしてください。

または℡052-304-0581(担当:吉村)までお願いします。

EDIXの公式HPはコチラをクリックしてご覧ください。

EDIXのFacebookページはコチラをクリックしてご覧ください。

Photo_3

より以前の記事一覧